第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇 レビュー

    2012年04月12日 00:00

    DSC_0081.jpg




    ━━スパロボZシリーズ第2弾
    本作はPS2のスーパーロボット対戦Zに続く作品であり、PSPをメインプラットフォームとする初のスパロボである。
    00やギアスといった多数の初登場作品が参戦しており、古いアニメを見ていないプレイヤーでも入りやすくなっている。
    自分が原作を見たことがあるのはW、種、マクロスF、ギアス、00なので、今回の参加作品は垂涎モノだった。



    DSC_0078.jpg



    ━━お気に入りのキャラで無双する爽快感

    スパロボはあくまでもキャラゲーであり、好きな機体&パイロットに資金とPPを注ぎ込み、敵陣に突っ込ませて無双をするのが一番の醍醐味だろう。
    今回は誰を使っても強いので、育成に力を注げば好きなキャラを活躍させることが出来る。
    もちろん、一部突出したキャラもいるものの、味方間の格差は少なく、バランスはとれている。

    また、戦闘アニメもよく動き、戦闘シーンはフルボイスなので原作ファンなら何度も見たくなる出来。
    しかし、戦闘アニメは割と長いので、興味ないキャラだと見る気にならないが、戦闘カットがあるので問題ない。
    いやー、昔は辛かった。ロード長いはアニメは動かないわ、戦闘は飛ばせないわの三重苦。その頃に比べたらこの快適性は素晴らしい。

    お気に入りの機体をフル改造して、PPを振りまくってニヤニヤするのはこのシリーズ一番の楽しみ。
    逆に原作未視聴のキャラは使う気に慣れず、参戦作品に魅力を感じなければ辛いものがあるだろう。
    また、前作参戦組は加入が中盤~終盤であり、ストーリーも新規加入組メインになるため、新規参加作品に愛着がない人も若干辛いかもしれない。



    2012-04-07 00.00.46



    ━━異なる作品のクロスオーバー
    スパロボのもう一つの醍醐味はやはり異なる作品同士のクロスオーバーによるストーリーだろう。
    違うシリーズのキャラが仲間になり、ストーリーが展開していくのはやはり感慨深いものがある。
    日本が2つになるなど若干無理矢理な部分もあるが、Wと00、ギアスとボトムズなど上手く設定を活かして話を絡めており、原作視聴者なら中々楽しめる。
    特に、Wと00におけるヒイロと刹那の絡みは誰もが想像してであろうことだし、期待通りの相性の良さ。
    「お前はガンダムではない」→「!」→「ならば、お前はガンダムになれ」→「俺はガンダムになる」
    の流れには吹いたw

    しかし、ストーリーにはアレンジがあるものの、基本的には原作通りの展開であり、原作を見ていれば既知のストーリー、見ていなければ説明不足でよくわからないと、どちらにしても話そのものはあまり面白く無い。

    もう少し、原作色を抑えて、作品同士の絡みを増やして欲しかった。そういう意味ではACERの方がストーリー的には楽しめた気がするなぁ。(ゲーム部分は置いておくとして)



    DSC_0082.jpg



    ━━快適なUIと変わらないシステム

    本作はロード時間が殆ど無く、システム的な不快感もないため、UI的には最高峰になっている。
    携帯機である以上、快適なプレイ環境は必須であり、その意味では非常に出来が良い。ACE製作チームにも見習って欲しい

    一方で、スパロボはあくまでキャラゲーであり、ゲームシステムそのものは昔からほとんど進歩していない。
    一時期小隊制などでテコ入れが入ったが、個人的には好きなシステムではなかった。
    基本的に雑魚を倒しながら気力を上げて、ボスに精神コマンド込の攻撃をぶち込むだけのゲームであり、戦略性はあまり無い。
    SRポイント(過去作の熟練度)の取得も条件がターン制限ばかりであり、取得のメリットもないため面白さにつながっていない。

    だが、SRPGとしては非常にオーソドックスであり、初心者にもとっつきやすいという意味ではこのゲームシステムとバランスでいいのかもしれない。
    個人的には少し物足りないが、サクサク進むので携帯機との相性もよく、UIの快適性と相まってプレイしやすいのはメリットだと思う。




    DSC_0080.jpg



    ━━総評
    ★★★★★★★★ (8.0/10.0) 参戦作品に思い入れがなければ-2
    個人的に好きな作品が多数参戦しているので割りと楽しめたが、ゲームそのものとしてはあまり面白いものではない。
    終盤は敵の数が多く、しかも硬いのでプレイが面倒になったが基本的にはサクサク進むのは良かった。
    キャラゲーとしては最高峰の出来だと思うので、参戦作品、特に新規参戦作品に思い入れがある人にはオススメできる。
    逆に、原作を見たことがある作品がなかったり、前作のキャラが好きな人には退屈かもしれない。

    再生編は評判が良いので楽しみだな。




       
    関連記事
    スポンサーサイト


    コメント

      コメントの投稿

      (コメント編集・削除に必要)
      (管理者にだけ表示を許可する)

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL
      http://wisteria824.blog137.fc2.com/tb.php/140-8c2980ac
      この記事へのトラックバック