ファイアーエムブレム 覚醒 レビュー

    2012年05月18日 01:46

    afg-DSC_0212.jpg

    ━━FEシリーズ最新作


    FE覚醒はFC時代から続くファイアーエムブレムシリーズの最新作であり、新規タイトルとしてはWiiの暁の女神以来、約4年ぶりの新作となる。
    自分はSFCの暗黒竜+紋章、聖戦、トラキア、封印、烈火をプレイしておりティアリングサーガ、ベルウィックサーガも触っている。
    今回は紋章の謎の続編であり、さらに聖戦以来の結婚システムが導入されているため、かなり期待が高かった。

    afg-af-DSC_0204.jpg

    ━━キャラを育成する楽しみ
    FEシリーズの魅力として上げられるのがお気に入りのキャラを育成し、育て上げていくことだろう。
    この点に関しては他のSRPGと同じだが、個人的にはFEシリーズの特徴が限られたリソース内で工夫をこらしていかに効率良くキャラを育てていくかという点だと思っている。
    そのため、序盤から強いユニットからは武器を外し、ボスの武器を壊した後に全員でチクチクと攻撃し、闘技場で怖がりながらも粘るといった行為が意味を為してくる。

    しかし、今回はフリーマップや異界など自由に稼げる要素が豊富であるため、上記の要素(闘技場は今回存在しないが)を考えたプレイは待ったく必要なく、むしろ「序盤はフレデリクにガンガン無双させて、異界に行けるようになってから他のキャラを育成する」というプレイスタイルが正解となっている。

    これに関しては賛否両論あるだろうし、自分も従来型が好きだったが、今回の育成に特価したゲームシステムもキャラをジワジワ育てていく楽しみがあるので悪くはない。この点を割り切れるかどうかで本作の評価が分かれると思う。
    チェンジプルプによりクラスチェンジに制限がなく(キャラごとになれるクラスは決まっているが)育成の幅が広いのもポイント。
    だが、育成の幅が広いために、有用なクラスにつけるキャラが多く、皆が皆同じようなクラスとスキル構成になってしまいがちなのはマイナス。
    スキルに関しては特にバランスが崩壊しており、強いスキルが偏りすぎている。次回以降はスキルをポイント制にしたり、クラスごとに固有のスキルを付けるなどして差別化を図っていって欲しい。

    afg-DSC_0213.jpg

    ━━豊富な支援会話と、組み合わせ多数な結婚システム
    本作の特徴としてキャラ毎に大量に用意された支援会話と結婚システムが挙げられる。
    キャラの掘り下げが支援会話によってなされており、本編ではほとんど登場しないキャラにもスポットが当てられる形となっている。
    というか、システム上子世代はルキナ以外がストーリーで登場できないため、支援会話がほぼ唯一の子世代に対する話しとなる。その弊害か子供たちの性格がどこかで見たことがあるような分かりやすいテンプレ型になってしまっているのが残念。

    また、親世代の支援レベルをSにすることでそのキャラ同士が結婚し、親の能力とスキル、髪の色を受け継いだ子供ができることになる。
    この結婚システムは奥が深く、欲しいスキルや兵種だけでなく、親の能力上限値が子供に響いてくるため、納得の行く組み合わせを考えるのが非常に楽しい。
    色々な組み合わせを試してみたくなるため、周回プレイのモチベーション維持に一役買ってくれる。

    afg-DSC_0216.jpg

    ━━快適なUIと新規システム
    今回地味に素晴らしいのが非常に快適なUIだろう。
    上画面でキャラにカーソルを合わせると下画面にステータスが出るなど、3DSの2画面を活かした画面作りに始まり、戦闘シーンのスキップ、早送り、主観視点(必要だったのかは疑問)なども可能。
    特筆すべきはおまかせ機能とターンスキップだろう。
    おまかせ機能は装備した武器でひたすら突撃するだけのAIなので敵との戦力差が相当ない限りは使いものにならないが、稼ぎプレイ時には非常に有難い。
    ターンスキップは文字通りターンをスキップするもので、敵ターンのみならず、お任せ中の味方ターンもスキップ可能。
    レベルアップ時やキャラ死亡時などはきちんとスキップが一時停止するので安心設計。
    このターンスキップの機能は是非とも他のSRPGにも導入してほしい。一度体験すると快適すぎる。

    また、新規システムとしてはダブル、デュアルがあげられる。
    これは2ユニットを一組として扱うことでキャラの能力を底上げすることが出来るシステムで、簡単にいえばあるキャラを他のキャラに装備させるというイメージ。
    これによって比較的弱いキャラも強いキャラとダブルを組むことでレベル上げが容易になったり、やられかけたキャラをダブルで逃すといったことも可能となる。
    しかし、ダブルによる能力の伸びが非常に高く、ダブル必須に近いレベルで強力なのは問題だと思う。
    現在の仕様では使わないと損なレベルになっているので、後述の出撃枠の少なさを増長している。
    また、デュアルアタックが確率で発動のため計算が狂いやすく、敵のHPを削るときなどには不便になる。
    とはいえ、戦略的に面白みが出ていると思うので中々良いシステムだろう。

    欠点は、輸送隊が微妙に使いづらいことと、ワールドマップが必要ない気がすること。
    輸送隊はしばらくやれば慣れたが、ワールドマップに関しては疑問。移動が面倒な上、店の商品もバラバラでただ面倒なだけ。、もう少し何とかして欲しかった。

    afg-DSC_0211.jpg

    ━━狭いマップと単調なAI
    本作の大きな不満点は全体的に狭いマップ構成と、ひたすらに突撃してくる敵兵である。
    過去作に比べてマップが狭く、出撃キャラも少なめ。加えて基本的にダブル状態でキャラを運営するため単純に操作キャラは出撃枠の半分になり一層少なく感じる。
    また、敵がほとんど猪突猛進型のAIでひたすら突っ込んでくるだけになり、待ち伏せて弓で撃墜などの戦術が使いにくいマップが多い。
    これらの要素から戦略面では過去作よりも単調になりがちで、弓兵や僧侶などが使いにくい環境になっている。
    自分は育成ゲーとして割り切ったので余り気にしていないが、この点が気に入らなかったプレイヤーは多いと思う。

    afg-DSC_0215.jpg

    ━━ひどすぎるDLCの数々

    個人的に本作最大の不満点は中身の無いDLCの乱発である。
    毎週何らかの過去作キャラのマップが配信されるが、どれも手抜きマップで、専用職が用意されたり、3Dモデルが用意されることはなく、職は適当に割り振られ、モデルはマイユニットの流用と手抜き感が酷い。
    さらに値段も300~400円と余り安くもなく天下の任天堂がこのザマかと思わずにはいられない。
    とはいえ、これらのマップはあくまでオマケであり、欲しい人のみ買えばいいものだが、問題は稼ぎマップだと思っている。

    本作には金稼ぎ用マップ、経験値稼ぎ用マップ、経験値稼ぎ用のスキルが手に入るマップ(現在配信予定)など、リアルマネーを払うことで育成が容易になるDLCが販売されている。
    これは無料オンラインゲームでよくある手法で、金を払えば簡単にキャラが育つというもの。自分はこの手の課金が嫌いなのでオンラインゲームには手を出していないが、パッケージでこれをやってはいけないのではないだろうか。
    稼ぎマップは単に内部データを弄っただけ(キャラ毎の専用セリフは用意されているが)なので専用のイラストが用意された過去マップのDLCよりも更に手抜き。
    本作はキャラ育成ゲームだと思っているので、その部分の手間を省いてしまう手段を公式が配信するのはゲーム性の否定になりかねない。
    仮にDLCを使わずに頑張って育成しても、DLC乙としか思われないし、そもそも使うことを公式が認めているのでDLCを使わないことが縛りプレイになってしまう。
    以前エルミナージュのレビューで育成が楽になるバグを批判したが、あれはバグであって使用が推奨されるものではないが今回はDLCな分それよりも酷い。
    やりこみゲーで正規ユーザーの苦労を否定するDLCは本当に嫌いなので今後はもう少し自重して欲しい。

    afg-DSC_0198.jpg

    ━━総評
    ★★★★★★★☆ (7.5/10.0)稼ぎマップの配信がなければ+1

    とにかく有料DLCの存在がすべてを台無しにしているように感じるゲーム。
    別に数百円が高い安いというつもりもないが、やりこみを否定されるように感じる要素を後から配信するのは戴けない。
    ゲーム自体は従来のFEを期待するとがっかりするだろうが、キャラ育成に特化したゲームとみなせば十分面白いゲームだった。それだけに上記の点だけは本当に残念である。
    今後の配信スケジュールを見る限り、この方針が変わることはないだろうからDLCが受け入れられない自分が少数派なのかなぁ・・・

      
    関連記事
    スポンサーサイト


    コメント

    1. やっぱり | URL | -

      DLCは手抜きが半端ないですよね・・・
      あれは絵でお金とってますよ

      専グラくらい用意して欲しいな

    2. Wisteria | URL | -

      コメントありがとうございます。
      DLCに関しては本文で散々言っていますが、イラスト1枚のために300円、経験値やお金、神器のために300円というようなものを任天堂が出すとは思いませんでした。

      個人的にはある程度ボリュームがあって、カンストキャラを活躍させられるようなDLCなら喜んで買うんですが、現状の1ステージだけというのは値段と釣り合っていないように思いますね。

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://wisteria824.blog137.fc2.com/tb.php/156-bfa3479c
    この記事へのトラックバック

    まとめtyaiました【ファイアーエムブレム 覚醒 レビュー】

    ━━FEシリーズ最新作FE覚醒はFC時代から続くファイアーエムブレムシリーズの最新作であり、新規タイトルとしてはWiiの暁の女神以来、約4年ぶりの新作となる。自分はSFCの暗黒竜 紋章、聖戦、トラキア、封印、烈火をプレイしておりティアリングサーガ、ベルウィックサーガ...