ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド3D プレイ日記その1

    2012年05月31日 22:21

    jukDSC_0221.jpg

    DQMテリーのワンダーランド3Dをプレイ。プレイ時間は3時間ほどで闘技場Fランクをクリア。
    DQMシリーズは初代をリアルタイムでプレイし、相当ハマった。ストーリーも何度かクリアし、配合も結構頑張った。
    その後、イルルカもプレイ。こちらはストーリーを一回クリアして魔王の鍵でレベル上げをしていた記憶が残っている。
    その後は一切プレイしておらず、久々のDQMシリーズ。そもそもドラクエ自体が7以来のプレイなので知らないモンスターがたくさんいる状態。

    そんな状態なので、ソフトと同時発売の攻略本も買ってきた。
    Vジャンプの攻略本は大体が中身の無いスカスカな本だが、今回は400ページオーバーの厚さでモンスターも600近くがイラスト付きで乗っているため読み応えがある内容になっている。
    3DSは解析ができないため、攻略サイトの充実には時間が掛かるだろうし、完全攻略本は一月後のようなので、繋ぎとしては十分だと思う。値段も1200円で安いしね。

    jukDSC_0223.jpg

    ゲームボーイ時代のテリーとはシステムが大きく異なっていて、未だ手探り状態。
    どうやらモンスターが特技を習得するのではなく、特技が一纏めにされたスキルにポイントを割り振って特技を増やしていくシステムらしい。
    配合時にはこのスキルを選択して引き継がせるようだ。昔は親の技を全て覚えていたので今回の仕様は中々難しい。

    また、モンスターにサイズがあって強いモンスターを入れるとパーティーメンバーの数が減るシステムは面白い。
    現状ドラゴンが2枠だが、サイズに見合った強さを発揮している。

    jukDSC_0222.jpg

    現在のメンバー。
    ドラゴンは上にも書いたが2枠モンスター。結構な確率で2回攻撃をしてくれる上、息攻撃が強力で無配合にもかかわらず現状のエース。ただ、極端に成長が遅いのでレベルが10になったら配合素材にする予定。
    ブラウニーは、ファーラットとピッキーでおおきづち、それにカバシラーを配合した。何も考えずに作ったが、攻撃力が高めで結構強い。
    はねスライムはスライムとホイミンを配合。回復のコツを持っているのでホイミの消費が低くて素晴らしい。

    テリーのワンダーランドはかなり思い入れの強いゲームだが、リメイクとしては原作の雰囲気を壊さずにうまくできていると思う。
    気になる点はレスポンスが少し遅れる場合があることと、戦闘のエフェクトが飛ばせないこと。
    直前にやったゲームがFEやパルテナで、この2作はUIへのこだわりが強く感じられ、快適性が非常に高かった。
    テリー自体もストレスを感じるほどではないんだけど、どうしても比べちゃうんだよなー

       
    関連記事
    スポンサーサイト


    コメント

      コメントの投稿

      (コメント編集・削除に必要)
      (管理者にだけ表示を許可する)

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL
      http://wisteria824.blog137.fc2.com/tb.php/162-d1fa2b4d
      この記事へのトラックバック

      まとめtyaiました【ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド3D プレイ日記その1】

      DQMテリーのワンダーランド3Dをプレイ。プレイ時間は3時間ほどで闘技場Fランクをクリア。