テイルズオブグレイセスエフ レビュー

    2011年01月27日 01:46

    SN3J0088_convert_20110122040705.jpg


    ━━守る強さを知るRPG
    テイルズオブグレイセスエフ(TOGf)は2009年Wiiで発売されたテイルズシリーズの最新作に未来への系譜編を追加した完全版としてPS3に移植された。
    発売当初から移植されるのではないか、という声が上がっておりバグがあるという情報もあったため購入を控えていたが、一年後、予想通りPS3で完全版が発売され購入に至った。


    SN3J0095_convert_20110127012501.jpg



    ━━SS-LMBSを搭載した戦闘システム
    テイルズシリーズの目玉はなんといってもその戦闘システムだろう。
    今回はSS-LMBS(スタイルシフトリニアモーションバトルシステム)を採用。
    毎回大層な名前が付いているが、今までと同じように過去作をブラッシュアップさせた形になっている。

    特徴としてはスタイルシフトの名が表す通り、戦闘中にキャラ毎に設定されたスタイルを変えながら戦うことができる。
    例えば、アスベルなら帯刀技と抜刀術の二つのスタイルを使い分けることになり、それぞれ違った特徴を持つので、それを活かして戦っていく。
    ボタン一つで技を切り替えて戦うことができ、とても楽しい。

    また、リメイク版デスティニーのCCシステムを採用している。
    CCが続く限り技を出し続けることができるため、テイルズお決まりの「攻撃」→「特技」→「奥義」といった縛りも無くなり、コンボを組み立てる自由度が上がった。
    また、TPを気にしなくてよいので、ザコ相手でも常に全力で戦うことができ、爽快感はシリーズ随一。

    欠点はTPが廃止されたため、戦闘後に回復魔法が使えない事。
    ただ、難易度ノーマルならば回復アイテムが不足するという状態に陥ったことは無かったので大したマイナス点では無い。

    個人的には今回の戦闘システムはとても気に入っている。
    3Dテイルズは戦闘があまり面白くないというイメージがあったのだが、グレイセスでそのイメージは払拭された。
    次回作のエクシリアも3Dのようなのでグレイセスレベルのクオリティを期待。


    SN3J0065_convert_20101226234526.jpg


    ━━キャラの魅力は◎、ストーリーは△
    本作ではゲーム序盤がチュートリアルを兼ねた子供時代になっており、幼少期の事件から離れ離れになった5人の成長と変化をプレイヤーも感じることができる。
    幼少期をしっかりと描くことでキャラに対する愛着が増し、ストーリーにも説得力が出てくる。
    また、パーティーメンバーに無理矢理個性を付けたようなキャラがいない事もプラス。
    このようにキャラの魅力は十分にあり、会話などはかなり面白い。

    しかし、肝心のストーリーがかなりお粗末。
    お使いをさせられている感じが強く、ストーリー自体も先が読めるため、ストーリーを進めたいという気持ちが起きない。
    そもそもRPG自体がお使いメインではあるものの、演出や展開でそれを感じさせないような作りにすることがライターの手腕だと思うが、本作ではそれが不十分なためお使いゲーという印象が強く残ってしまった。

    一方、未来への系譜編のシナリオはかなり面白かった。
    こちらも展開自体は王道で先を読むことは容易いが、変に大風呂敷を広げたりせずソフィの成長に焦点を絞ったことが功を奏したようで、クリアまで飽きずに続けることができた。


    SN3J0100_convert_20110127012606.jpg


    ━━ストレスを感じさせない安定したシステム
    本作のシステムは特に目新しいものは無く、ある程度RPGをやっているユーザーならどこかで見たことのあるシステムばかりだろう。
    だが、変に奇をてらうようなシステムを導入して迷走するよりも遥かに良いと思う。

    称号によるスキル獲得は、過去シリーズであまり意味の無かった称号を付け替えることにメリットを付加し、デュアライズは気に入った武器や防具を強化する楽しみを見出すことができる。
    ただ、自分はデュアライズはショップ限定なことと、素材が多い上に売却アイテムを作成するメリットが薄いため、あまり利用しなかった。

    エレスポットは戦闘中に料理を使える、魔道所で能力を付加できる、歩くことで素材を入手できると非常に便利であり、成長要素もあるために使っていて面白い。
    どのシステムを見ても大きなプラスにはならないが、あって困るものでもなく十分な出来だと思う。

    また、RPGではかなり重要な要素であるロード時間だが、これに関しては素晴らしいの一言。
    前作のTOVは箱○版に比べてPS3版は少しロードが気になったが、今回は箱○のヴェスペリアよりもロード時間は快適。
    ゲームの開始から終了までロード関連でストレスを感じたことは一度もなく、他のメーカーにも見習ってほしいところ。


    SN3J0093_convert_20110127012448.jpg


    ━━気になる点もいくつか
    まず、これは本作のみでなくテイルズシリーズ全体に言えることだが、ダンジョンのギミックがパズル的な要素を含んでおり、進行の妨げになるためストレスがたまる。
    そもそもダンジョンのパズル的なギミックが特に面白くなく、新しいダンジョンに入るためにモチベーションが下がってしまうことが多々あった。
    確かにそういったダンジョンが少し含まれているならば、ゲーム自体のアクセントになって良いかもしれないが、こうまで行く場所行く場所全てでつまらないパズルを解かされると興が削がれる。
    この点に関してはシリーズの伝統だとしても無くして欲しい。

    また、今作はDLCを買わせようとする姿勢を露骨に感じた。
    本編で衣装称号を手に入れることのできるタイミングが遅く、数も少ないが、DLCには衣装が非常に充実しており、最初から入れておけと言いたくなる。
    追加シナリオや追加マップを有料で配信するならともかく、元々ディスクに入っているデータの解除キーを有料で売るような商法は気に入らない。

    そして極めつけは短期間の移植だろう。
    発売後一年で移植され、それが完全版となると、新作を買う意欲が薄くなり結果的に自分の首を絞めることにもなりかねないと思うが、バンナムには目先の利益のことしか考えられる人がいないのだろうか?
    もっとユーザーを大事にするべきだと思う。


    SN3J0098_convert_20110127012540.jpg


    ━━総評

    ★★★★★★★★★☆ (9.5/10.0)

    不満点をダラダラと書いたが、主にメーカーに対する不満なのでゲーム自体の評価にはあまり関係は無く、十分良作といえるだろう。
    特に新しい要素などは無いが、楽しい戦闘や王道なストーリー展開、魅力的なキャラと安定して遊ぶことができ、ロード面など快適さも抜群。
    テイルズシリーズでも上位の出来ではないかと感じた。



    テイルズ オブ グレイセス エフテイルズ オブ グレイセス エフ
    (2010/12/02)
    PlayStation 3

    商品詳細を見る
    関連記事
    スポンサーサイト


    コメント

      コメントの投稿

      (コメント編集・削除に必要)
      (管理者にだけ表示を許可する)

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL
      http://wisteria824.blog137.fc2.com/tb.php/19-04d65b8d
      この記事へのトラックバック