キングダムズ オブ アマラー レコニング プレイ日記その1

    2012年09月20日 23:47

    iq-DSC_0392.jpg

    キングダムズ オブ アマラー:レコニングをプレイ開始。プレイ時間は3時間ほどで最初の村周辺をウロウロ。
    このゲームにはオブリビオンの監督が関わってるとか何とかで、ゲームの出来自体は海外レビューで割と評判が良かったんだが、開発スタジオが倒産したらしく、続編は難しいらしい。
    自分は最近まで存在自体を知らなかったが、ニコ生の公式放送を他サイトで知り、そちらを見て購入を決めた。
    未プレイで気になっている人は放送終了分が上がっているのでオススメ。

    iq-DSC_0393.jpg

    予約特典の冊子はよくある20ページほどのもの。
    ただ、内容は設定資料集的なものではなく序盤用の攻略本。イメージ的にはファミ通や電撃の攻略記事に近い。
    個人的にはスキルの詳細が乗っているのが嬉しい。ゲーム内でも見れるのだが、紙媒体だと色々と便利。
    ま、無くても何ら問題レベル。

    iq-DSC_0391.jpg

    ゲームの内容だが、個人的にはセイクリッド2に近い印象を受けた。
    ハック&スラッシュ要素があり、クエストが割と淡白。オープンワールドというほど自由度がなく、TESシリーズのような生活感は感じられない。
    ただ、セイクリッドでの最大の不満点だった視点は普通のTPSであり、アクションもセイクリッドやスカイリムよりも面白い。スキルの振り直しも出来るようなのでセイクリッドほど慎重にキャラビルドをしなくても良いのは良いわ。
    解錠のシステムや民家の物を盗もうとすると出る赤い手のマークなんかはスカイリムとそっくりなんだけどね。

    iq-DSC_0389.jpg

    で、戦闘面は動きが軽すぎるかなーとも思う。敵を攻撃した時の手応えがあまりなく、爽快感が少ない。
    武器が2種類持て、瞬時に切り替えられるのでロングソードで敵を浮かせる→ハンマーで追撃といったコンボも可能。ハンマーは普通に使うと隙が大きすぎるのでこうでもしないと使いづらい。

    育成は今のところ戦士系メインで魔術師も少し。鍛冶のチュートリアルで作ったロングソードが強くて重宝している。
    ちなみに、DLCが適用されているため、最初の村でかなり強めの装備品が大量に手に入るのだが、ハック&スラッシュの楽しみである装備品収集がつまらなくなりそうなので全て売却してバックパックの購入資金にしてやった。
    このゲームは店に売った商品が長期間保存されるらしいので欲しくなってから買いに行けばいいや。

    難易度はノーマルだとヌルゲーらしいのでハードでプレイしているが、今のところ適度な難易度。
    敵はそれほど強くなく、サクサク進める。武具もたくさん手に入るのでかなり面白い。

       
    関連記事
    スポンサーサイト


    コメント

      コメントの投稿

      (コメント編集・削除に必要)
      (管理者にだけ表示を許可する)

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL
      http://wisteria824.blog137.fc2.com/tb.php/194-38be5807
      この記事へのトラックバック