ヴァンガード ライド トゥ ビクトリー プレイ日記 その2

    2013年04月13日 17:47

    gydDSC_0598_20130413173507.jpg

    ヴァンガードライドトゥビクトリーをプレイ。プレイ時間は6時間半。
    ヴァンガード、かなり面白いですね。遊戯王と比べるとルールや効果がシンプルで分かりやすい。
    かなり運の要素が強いゲームで、クリティカルトリガーを2連発されたり、グレード1のカードが引けなかったらCPU相手でも簡単に負けてしまいます。
    クラン毎に絵柄が違うだけで同じ効果のカードが大量に存在するのが若干気になりますが、カード自体も思っていたよりも豊富です。

    gydDSC_0582.jpg

    ストーリーが若干進むと初期デッキが全てもらえるイベントが発生します。
    そのおかげで最初に悩む必要は無く、色々なデッキを試せるのは有難いですね。

    gydDSC_0585.jpg

    デッキは前回から引き続きゴールドパラディンデッキ。
    段々と使えそうなカードが分かってきたので少しデッキをいじってみました。

    最初はCPU相手に5連敗くらいしましたが、最近ではデッキとプレイングが安定してきてほとんど負けないくらいにはなりました。まだまだ運次第でヒヤッとすることはあるけどね。

    gydDSC_0587.jpg

    このゲームで気になったのはやはり画質面ですね。
    せっかくのカードイラストが小さく、通常のプレイでは絵柄が殆ど見えない。コレクションで拡大して表示もできますが、そのまま拡大しているのかかなり粗いです。
    ヴァンガードなのだから3DSに出るのは当然だと思いますが、カードイラストのような2D絵はVitaで見たかったなぁ。


    関連記事
    スポンサーサイト


    コメント

      コメントの投稿

      (コメント編集・削除に必要)
      (管理者にだけ表示を許可する)

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL
      http://wisteria824.blog137.fc2.com/tb.php/291-23b6332d
      この記事へのトラックバック