龍が如く3 レビュー

    2011年02月11日 00:00

    SN3J0146_convert_20110209233810.jpg

    ━━龍が如くシリーズ第三作
    龍が如く3は今やセガの看板シリーズとなった龍が如くの3作目(見参を入れれば4作目)であり、PS3初のナンバリングタイトル。
    国産のゲームとしては数少ない箱庭ゲーで、日本の町並みを自由に歩けるというのは外国製の箱庭ゲーに無い魅力。
    今回は桐生が沖縄に養護施設を構えたあとの話になっている



    SN3J0141_convert_20110209034937.jpg


    ━━ゲームとしては珍しい極道物のストーリー
    龍が如くの魅力はやはり良質な極道者のストーリーだろう。
    映画などではさほど珍しくもないが、ゲームとしては余り無いタイプで新鮮な気持ちで楽しめる。

    しかし、今回はそのストーリーが過去作に比べて残念な出来だった。
    1や2に比べて強大な敵が存在せず、出てくる敵が片っ端から小物ばかりで最初から最後までいまひとつ盛りあがりに欠ける。

    その上、無駄に蛇華を再登場させたり、CIAを絡めてみたりしてはいるが、どれも取って付けたような感じで面白さに結びついていなかった。

    また、無駄に養護施設の話が入り、子供のしょうもないエピソードを見せられるため、ヤクザ同士の抗争という本編の尺が短くなってしまっている。
    そのため、過去作より展開が早く、真相解明や問題の解決があっさりしていて、話に深みが感じられない。

    全体としてつまらないというほどではないが、そこまで面白くもないという結果になってしまっている。


    SN3J0144_convert_20110209233756.jpg


    ━━パワーアップした神室町
    PS3になってグラフィックが向上し、タイアップする企業も増えてきたため、神室町の探索が楽しい。
    中に入れる店だけでなく、全ての店のショーウィンドウに商品がおいてあったり、細かい広告や看板などにも書き込みがされており、街の散策の楽しさはシリーズ随一。
    松屋やドン・キホーテなど実際にある店に入ることもできる。

    だが、シリーズ全体の不満点として、散策中の雑魚が鬱陶しいという点がある。
    狭い路地で雑魚に絡まれるとほぼ逃げることができず、強制的に戦闘になるのは戴けない。
    こっちはサブイベントや探索をしたいのに、大して実入りのない雑魚戦をさせられるのは苦痛でしかない。
    雑魚を配置するのは構わないが、もっと逃げやすくするか戦闘を回避する方法を最初から所持させて欲しい。
    加えて、雑魚戦のロードが地味に長い点もストレスの要因になっている。


    SN3J0137_convert_20110204214908.jpg


    ━━豊富なやり込み要素
    龍が如くの特徴にサブイベントやミニゲーム、食事などの豊富なやり込み要素があげられる。
    毎回100程度のサブイベントが設けられ、街を歩いていると何らかのイベントを見ることが出来るため、街の散策のモチベーション維持になる。
    さらに、ゲームセンターやボウリングなど、ミニゲームも充実しているほか、ロッカーの鍵を集めたり、色々な店で食事を取ることができたりと、やり込み要素はこれでもかというほど詰め込まれている。

    ・・・が、このサブイベント群、1の時から内容にほとんど変化がなく、同じような話が多いためシリーズ経験者にとってはマンネリ感が強い。
    また、ミニゲームも少しずつ新しいものが追加はされているものの、どれもパッとしない出来。
    ロッカーの鍵も大したアイテムが取れるわけでもないのであえて探そうとも思わないし、食事のコンプリートも体力が減った時しか食べられない上、一度に一品ずつしか注文できないためコンプリートする気が起きない。
    と、やり込み要素は豊富なのだが、その一つ一つが楽しいものとは言えず、あまりやりたいとは思わない。
    個人的にはサブイベントやミニゲームの数を減らして質を上げて欲しいところ。

    まぁ、あくまでやり込み要素なのだから、やりたくなければやらなければいいだけなのだが・・・


    SN3J0143_convert_20110209233733.jpg


    ━━総評

    ★★★★★★☆ (6.5/10.0)

    ゲームとしてみると決してつまらないわけではなく、やり込み要素も多いので、長く楽しみたいプレイヤーにも配慮は出来ているのだが、龍が如くシリーズを全てプレイしている自分にとっては少々期待外れな出来。

    やはりもう少しメインストーリーのボリュームを増やしたり、サブイベントの質を上げるなど過去作をやったプレイヤーでも飽きずに続けられる工夫が欲しかった。

    このシリーズ一番の問題はシリーズ作品ゆえのマンネリだと思うので、新作の「龍が如く OF THE END」にはマンネリ打破を期待したいところ。



    龍が如く3 PlayStation3 the Best龍が如く3 PlayStation3 the Best

    セガ 2009-12-03
    売り上げランキング : 472

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools

    関連記事
    スポンサーサイト


    コメント

      コメントの投稿

      (コメント編集・削除に必要)
      (管理者にだけ表示を許可する)

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL
      http://wisteria824.blog137.fc2.com/tb.php/31-f2ea8ae9
      この記事へのトラックバック