ペルソナQ プレイ日記 その5

    2014年06月21日 23:55

    gydDSC_0062.jpg

    ペルソナQをプレイ。プレイ時間は36時間で稲羽郷土展 第四夜に到達。
    ゲームも終盤に差し掛かってきて段々とダンジョンの仕掛けが複雑になってきました。
    特に4つ目のダンジョンである稲羽郷土展はFOEに動きがいやらしく、仕掛けを解くのにかなり苦労しました。
    エンカウント率高いよ~

    gydDSC_0066.jpg

    3つ目のダンジョン辺りから感じていたことですが、このゲーム戦闘バランスが悪いですね。

    雑魚戦はハマムドを撃っていれば大半を蹴散らすことが出来、強敵相手には物理技でごり押す戦い方で進めてしまうため、戦略性に乏しい感じがします。

    以前も書きましたが、SP技が消費量と効果の釣り合いがとれておらず、長期戦に向かないので魔法使いタイプのキャラが使いにくいすぎる。
    物理系アタッカーは燃費が良い、体力も高い、威力も魔法と同等以上でクリティカルも狙えるのでメリットが多く、原作のペルソナ3、4よりも物理優遇が酷いですね。

    gydDSC_0064.jpg

    ペルソナ合体も今回はつまらないのが難点。
    サブペルソナの違いが技の継承とボーナスHPSPのみで、後者はペルソナ事の違いが殆どないため、結局は技が違うだけの装備品状態。
    せめて耐性のの違いや、アクセサリーレベルのパラメーターボーナスなんかがあれば違ったと思うんですが、現状だとペルソナの個性がなさすぎて合体の楽しみがないですね。

    と、進めるに連れて段々と不満点が目立つようになってきましたが、そろそろ終盤なので、頑張ってクリアまでは持って行きたいところです。
    キャラの掛け合いは面白いんだけどなぁ。

     
    関連記事
    スポンサーサイト


    コメント

      コメントの投稿

      (コメント編集・削除に必要)
      (管理者にだけ表示を許可する)

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL
      http://wisteria824.blog137.fc2.com/tb.php/402-af67f0bc
      この記事へのトラックバック