ファイナルファンタジー X HD Remaster プレイ日記 その5 & レビュー

    2014年07月07日 00:00

    gyd2014-07-06-193958.jpg

    FF10HDをクリア。クリア時間は28時間。
    長いことプレイが止まっていたFF10ですが、この土日で一気にクリアしてしまいました。
    終盤の展開は見事なもので、RPGにおけるストーリーと演出の重要性を感じることが出来ましたね。

    gyd2014-07-05-233004.jpg

    前回あたりからボス戦に手こずるようになってきましたが、案の定シーモア終異体に苦戦しました。
    ゾンビ化→アレイズが厄介だった記憶があるのですが、それよりも全体攻撃で全員即死ダメージを受けるというのが辛かった。
    最初に戦った時は、ゾンビ化だけに気をつけていたため、あっさり全滅。
    幸い、全体攻撃はディスペルの後に行うため、防御をすれば耐えられるのですが、中々辛い戦いでした。

    gyd2014-07-06-185429.jpg

    そして、それ以上に苦戦したのがジェクト戦。
    こちらも攻撃力が非常に高く、プロテスをかけなければ一撃死。(というか、後半のボスは補助魔法無しで生き残れることが少なかった気がします)
    完全石化無効の防具を持っているキャラがユウナとアーロンしかいなかったため、ジェクトビームを食らうとほぼ確実に石化してしまうのがキツかった。
    石化すると補助魔法の効果が切れちゃうんだよね。

    こちらは3回負けて、4回目で何とか撃破。召喚獣は優秀な盾w
    全滅する度に戦闘前の結晶集めと長いイベントを見なければならず、心が折れそうでした。

    gyd2014-07-06-155316.jpg

    後半の戦闘では連続魔法とファイガを覚えさせたユウナ無双でした。
    他のキャラの2~3倍のダメージを軽く叩き出せる上に、回復と補助も行える万能キャラ。
    魔力とすばやさの両方で負けているため、ルールーの出番がなくなってしまったw

    ただ、ホーリー、フレア、アルテマのような強い魔法を覚える前にクリアしてしまったのが惜しかったかな。
    この辺りの魔法があればジェクト戦であそこまで苦戦しなかっただろうに・・・

    gyd2014-07-05-233005.jpg

    その後のエンディングはやはり感動モノ。
    良いストーリーは時代がたっても良いままですね。

    gyd2014-07-06-193919.jpg

    総評
    ★★★★★★★★ (8.0/10.0)
    (初見なら+1)

    今でもなお通用する不朽の名作。
    ストーリー、システム、グラフィックのいずれも現在のRPGと比べても遜色なく、特にストーリーの出来と演出の良さが光ります。
    序盤でティーダに行っているという体でスピラの説明を受けることができるため、無理なく世界観を理解することが出来るのは分かりやすくて良いと思います。
    10年前のゲームに出来ていたことが出来なくなっているFF13とか言うゲームw

    戦闘システムも若干古さを感じるものの、キャラ間のバランスが取れており、終盤からは緊張感のある戦闘続きで面白かったです。

    一方で、古いゲームゆえの不親切さがそのままなのは残念。

    最も気になったのは戦闘で何らかの行動をしなければ経験値が入らない点。
    これのせいで雑魚戦のテンポが崩れ、意味もなく防御だけをさせるのは苦痛でした。
    また、戦闘の演出が全体的にクドく、エンカウント率も高いのは一昔前のゲームだなぁといった感じ。

    あと、イベントスキップができないのが、結構つらかったです。
    私は終盤のボスで死にまくったため、再戦するたびにイベントを見せられるのはストレスでした。

    総評としては、戦闘面の快適さが今のゲームよりもかなり劣るものの、全体的な出来はやはり名作と呼ばれるゲームだけあって素晴らしい。
    昔のスクウェアは輝いていたなぁ。

    関連記事
    スポンサーサイト


    コメント

      コメントの投稿

      (コメント編集・削除に必要)
      (管理者にだけ表示を許可する)

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL
      http://wisteria824.blog137.fc2.com/tb.php/409-34e9c243
      この記事へのトラックバック