初音ミク Project DIVA Future Toneプレイ日記 その1

    2016年06月23日 01:36

    初音ミク Project DIVA Future Tone_

    DIVAFTをプレイ開始。プレイ時間は1時間ほど。
    DIVAシリーズはF2がかなり面白く、個人的に好きなシリーズでしたが、XはPS4版待ちでスルー。
    しているうちにアーケード版移植のFTが出たのでこちらを購入しました。
    収録曲220曲以上とか、もうこれだけでいいんではないだろうかw

    0時から配信開始ということでとりあえず1時間ほど触ってみました。
    打ち合わせが入りまくったせいで明日明後日と有給が取れなかったよう・・・

    2016-06-12-132401.jpg

    実はFTの発売に備えてF2で色々練習していました。
    FTはアーケード版の移植なので難易度がさらに上がるため、両手打ちが出来ないと恐らく話にならないでしょう。
    ということで、久しぶりのプレイで衰えた腕を戻すのはもちろんですが、両手打ちをある程度使えるようにすることを意識しながらプレイしていました。

    2016-06-17-225649.jpg

    最初のうちはハードの適当な曲を左手のみでクリアして、左手でボタンを押す練習。
    その後、ハード→EXと難易度を上げながら左右交互にボタンを押す練習をしました。
    1週間位で両手打ちには慣れてきて、違和感なくプレイできるようになりましたね。

    その結果、裏表ラバーズやエンヴィキャットウォークのような片手だと操作が追いつかない曲でもエクセレントを出せる程度まで上達しました。
    まぁ、FTはこれに輪をかけて難しい曲が目白押しなんですが、とりあえず以前よりマシな状態でFTに挑戦できています。

    初音ミク Project DIVA Future Tone_5

    PS4版なだけあってグラフィックは圧巻。
    VitaTVでプレイしていた時期もありましたが、それとは比べ物にならないですね。
    あと、60fpsだけあってリズムパートがヌルヌルで少し違和感w
    これはすぐに慣れそうですけどね。

    vlcsnap-error479.jpg

    ハードで何曲かプレイしてみましたが、やはり家庭用よりワンランク上の難易度ですね。
    激唱なんかはF2ndのEXよりは簡単そうですが、ハードよりは確実に難しいです。
    同時押しやスライダー、ホールドにも慣れていないのでしばらくはハードでもパフェが難しそう。
    というか、↑これほんとにハードの譜面ですかw

    初音ミク Project DIVA Future Tone_4

    モジュールはほとんど1000P以下で買える値段。
    一番高い水着系が3000なのでポイントに困ることはなさそうです。
    ちなみにメルトのハードをエクセレントでクリアすると1800P貰えたので、ハードなら一回のプレイで数着買えますね。

    初音ミク Project DIVA Future Tone__8

    本作のメインコンテンツPV鑑賞とスクリーンショット撮影。
    画質の向上にともなってPV鑑賞がはかどりますね。

    一時停止のおかげで動きの激しいシーンでも綺麗にスクリーンショットが取れます。
    欲を言えば巻き戻し機能が欲しかったかな。

    初音ミク Project DIVA Future Tone__10

    撮影楽しい。
    取った画像はロード画面に表示されるのも嬉しいです。
    まぁ、本作のロード時間はVita版に比べると非常に短いので嬉しいんだか嬉しくないんだかw

    というわけで、触りだけプレイしましたが、PV鑑賞だけでも楽しめそうですね。
    とりあえずはFT同時の操作性に早く慣れたいかな。


    関連記事
    スポンサーサイト


    コメント

      コメントの投稿

      (コメント編集・削除に必要)
      (管理者にだけ表示を許可する)

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL
      http://wisteria824.blog137.fc2.com/tb.php/532-8b57a4c7
      この記事へのトラックバック