うたわれるもの 二人の白皇 プレイ日記 その1

    2017年02月05日 22:46

    2017-02-05-173753.jpg

    うたわれるもの二人の白皇をプレイ開始。プレイ時間は9時間でムネチカが加入したところ。
    うたわれが楽しすぎて止まらない件。
    前作は中盤まで殆どが日常パートでしたが、今作は最初から戦争中ということでシリアス成分が増加。
    しかしながら程よくギャグなんかも織り交ぜているために止まらなくなりますね。

    2017-02-05-144933.jpg

    前作の続きということでネコネは序盤ずっとこんな感じ。
    元気なときの印象が残っているだけに痛々しさが大きいですね。
    前作ラストで戦犯とか言ってた人はちょっと来なさいw

    2017-02-05-192121.jpg

    一方でオシュトルになったハクは格好良すぎる。
    前作で働きたくないでござるとか言っていたのになぁ。
    ただ、心の声はハクのままなので、序盤の空気が重くなりすぎないのも良かったです。

    2017-02-05-204413.jpg

    そしてあっさり戻ってきたクオン。
    ほとんどオシュトルとの絡みはなかったはずなのに、戻ってきてからはべったりとか周りはどう思っているのかな。
    あと、オシュトルからの呼び方がクオンになっていることについても誰も突っ込まないんだよなぁ。

    2017-02-05-211335.jpg

    前作で微妙だったSRPGパートはかなり改善されています。
    相変わらずストーリーのオマケだと思いますが、そこそこ遊べるレベルにはなっているかと。
    前作は敵味方ともに火力が高すぎて2発貰えば終了という大味なバランスでしたが、今回は各キャラの性能を活かした立ち回りができますね。
    補助や回復で経験値が入るのも大きいです。これのおかげでネコネやオシュトルを遠慮なくサポートに回せます。


    関連記事
    スポンサーサイト


    コメント

      コメントの投稿

      (コメント編集・削除に必要)
      (管理者にだけ表示を許可する)

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL
      http://wisteria824.blog137.fc2.com/tb.php/581-02c55ce3
      この記事へのトラックバック