魔女と百騎兵 Revival プレイ日記 その2 レビュー

    2017年03月13日 22:02

    魔女と百騎兵 Revival_20170311150618_1

    魔女と百騎兵をクリア。クリア時間は26時間半。
    魔会の参加道具集めのあたりはかなりダレましたが、百騎兵1をクリアしました。
    序盤をすぎると話の盛り上がりがあまりなかったのでクリアまで日記は書かず終い。

    ボリューム的にはちょうど良い感じでした。やはり30時間程度が飽きる前にクリアできて良いですね。
    今年に入ってからはかなり良いペースでゲームが消化できています。
    このペースが維持できれば嬉しいな。

    魔女と百騎兵 Revival_20170312184307_1

    カジュアルモードでサクサクと言いたいところでしたが、後半からは難易度が跳ね上がります。
    特に12章に入ってからは敵の強さが段違いに。
    こちらがレベル40そこそこにも関わらず、雑魚が65って・・・
    カジュアルモードなのに雑魚がフルコンボで倒せず、逆に攻撃2発で昇天するとかナニコレ。

    12章は編纂者を3体ほど倒した辺りで効率が悪すぎることに気づき、一度幻影の塔で武器集め。
    その時点で最高の武器を捧げて20回ほど登るとそれなりの火力の武器が集まりました。
    この手のゲームはレベルより武器が重要で、その後は割と苦戦せずに進めました。

    魔女と百騎兵 Revival_20170313202351_1

    ・・・と思っていたのもつかの間、終章に入るとボスはさらに強力に。
    武器はそれなりに揃っていたのですが、防具が貧弱で、ボス戦で少し欲張るとあっさりやられます。
    12章後半~終章のボスはどれも5回以上は死んだ気がしますね。
    これでカジュアルモードとは恐ろしい・・・

    魔女と百騎兵 Revival_20170312225548

    ストーリーについては思っていたほどではなかったかな。
    メタリカが序盤で思っていたほど外道ではなく、ビスコが現れたあたりからは普通に口の悪い程度のキャラという印象でした。
    トゥルーエンドあたりの描写は中々にエグかったですが、序盤の期待は超えられなかったです。
    結局マーリカも生きていたですからね。

    魔女と百騎兵 Revival_20170313210726

    総評
    ★★★★★★ (6.0/10.0)


    ストーリー、世界観はそれなりではあるものの、特筆すべき点はあまりない佳作。
    ストーリーとしては悪くはなかったですが、事前のハードルを上げすぎたせいか期待ほどではなかったです。
    メタリカもビスコにデれるのが早すぎた気がしますね。

    システム的にはディアブロライクなハクスラゲー。
    アクションは種類がそれほどあるわけでもなく、トーチカというスキル的な要素も薄い。
    結局デコイを置いてボスを背後から殴るという戦い方がほとんどだった気がします。

    トレハン要素も中途半端で、武器を集めても火力くらいしか見るところがないため、レア装備が出たときの喜びはほとんどありません。
    最後までカテゴリと攻撃力を見て火力が上なら付け替えるだけであり、装備に悩む楽しさは無かったです。

    あと、↑に書いたとおり終盤の難易度が異常。
    カジュアルモードにも関わらず雑魚に二発でやられ、ボスも攻撃パターンを覚えなければ即死ということが多かったです。
    死ぬときも事故死や起き攻めでやられることが多かったため、楽しい高難易度では無かったですね。

    総評としてはあまりオススメできないゲーム。
    トレハン要素とアクション面をもう少し強化してくれればハクスラを楽しむ余地もあったのですが、この出来では積極的に戦おうとは思えませんでした。

    あとは終盤のバランスが酷すぎて、印象がかなり悪かったです。
    カジュアルくらいレベル上げ無しでクリアできるようにしておけよと思いました。
    2もせっかく買ったからプレイしますが、あまり期待できないかなぁ。

    関連記事
    スポンサーサイト


    コメント

      コメントの投稿

      (コメント編集・削除に必要)
      (管理者にだけ表示を許可する)

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL
      http://wisteria824.blog137.fc2.com/tb.php/588-aa6bc741
      この記事へのトラックバック