大帝国 レビュー

    2011年05月04日 03:16

    大帝国_20110504_021117



    ━━「大」シリーズ最新作
    大帝国は大悪司、大番長に続く地域戦略型SLGであり、過去作や戦国ランスなど、評価の高い作品を出しているアリスソフトの新作ということもあり期待値は非常に高かった。
    自分はアリスのSLGは大番長と戦国ランスをプレイ済みでどちらも非常に楽しめたので、本作を楽しみにしていた。

    最近忙しくてあまりゲームができなかったが、GW前に発売してくれたため、じっくり腰をすえてプレイすることができた。




    大帝国_20110504_015751



    ━━WWⅡをテーマにしたストーリー

    大帝国では実際の第二次世界大戦をオマージュしたストーリー展開になっており、プレイヤーは日本を操作し、アメリカ、イギリス、フランス、中国、ソ連といった連合国側と戦うことになる。

    戦国ランスではほとんど名前を使っているだけといった感じだったが、今回は史実に忠実で、放っておけばドイツは自滅するし、イタリアでは反乱が起きるし、ソ連は条約を無視して攻めこんでくる。
    もちろん、3国同盟を破棄すればドイツやイタリアと開戦も可能だし、素早く攻め込めばドイツを存続させることも可能とプレイヤーの意志で展開を動かせるのは楽しい。

    だが、展開に縛りがあったり、シリアスな場面が多いため戦国ランスほどキャラがぶっ飛んでおらず、魅力が感じられなかったのが残念。




    大帝国_20110504_015200



    ━━自由度の高い艦隊編成
    自分はSF系のSLGをプレイしたことがないため、これは一般的なのかもしれないが、本作では提督と艦隊がそれぞれ独立しており、強い提督でもマトモな戦艦がなければ力を発揮できないし、逆もまた然りというもの。

    戦艦は条件をみたすことで新しいものを開発できるようになり、開発できるようになった船を生産して各提督に与えることになる。開発には期間がかからないため、すぐに新型を配備することが可能。

    好きなキャラを贔屓しやすいという点では良いのだが、如何せん艦隊の能力に依るところが大きすぎて提督の個性があまり出てこないのが気に入らない。
    結局のところ、東郷のような極端に強いキャラを除けば指揮値(艦隊を配置できるキャパシティ)=強さになってしまう他、レベルアップの効果もあまり感じない。
    もう少し提督の特徴を際立たせるなどして、艦隊に強さが依存しすぎるのは避けて欲しかった。

    また、過去作品にあったキャラクリが無くなっており、キャラのイベントを起こしても、ほとんどは指揮値が30伸びるだけなのであまり積極的に見る気にならないのもマイナス。

    とはいえ、戦艦の数は非常に多く、変わったものも作れるので編成の自由度は高い。
    攻める拠点によってどの補助船を持っていくかを考えるのは結構楽しい・・・と言いたいところだが、後述の欠点によりせっかくの利点が潰されてしまう。



    大帝国_20110504_015111



    ━━SLGとして致命的な欠点
    このゲームの最大の欠点は侵略時のシステムの不完全さだと思う。
    基本的に敵の戦力が固定されているのだが、それを確認することができない。
    事前に戦力が把握できないため、複数拠点を同時に攻めることが難しく、基本的に最大戦力で向かわざるを得なくなる。
    さらに一度攻めると撤退ができず、キャラの再配置(上の画像のように戦域がいくつかに分かれているが、一度キャラを配置するとその場の敵を倒しても他に移れない)ができないため、初期配置で倒せなければ強制ゲームオーバーとなる。

    この2点が組み合わさることによって非常にストレスを感じるゲームシステムになってしまっている。
    敵を一発で綺麗に倒せなければならないのに偵察ができない、というのがおかしいことにテストプレイをした段階で気づくべきだと思う。

    SLGの醍醐味の一つは、固い拠点を撤退を繰り返しながら削っていき、最後に落とすことだと思っているので、この詰将棋的なシステムはあまり好みではなかった。
    偵察が出来るだけで大分変わると思うのでパッチに期待かな。

    他にも、移動が1ターンに2マスしかできず、支配地域が広がるとキャラの移動が面倒になること。
    敵の強さがターンによらないため、アメリカ、イギリス、ソ連の3国が後に回したものほど楽になるのはどうかと思った。中盤が一番辛く、終盤はゴリ押しできてしまうというのはなぁ。


    大帝国_20110504_020540



    ━━総評

    ★★★★★★★★ (8.0/10.0)

    なんだかんだ言っても1周クリアまでは十分楽しめたし、アリスソフト特有のイベントの連鎖による止め時の見つからなさは健在だが、やはり過去の作品に比べると数段落ちる印象が拭えない。
    セーブ&ロードによる偵察がほぼ必須で、これがかなり面倒な上、周回プレイの特典も大したものがないため、すぐに2週目という気にはならなかった。

    戦国ランスを出した後落ち目が続いているアリスだが、本作で踏ん張れたのかこのまま落ちるのかで今後が決まると思う。
    何にせよランスクエストがこのレベルの出来だとかなり厳しいと思うので、製作者には頑張ってもらいたいところだ。




    大帝国大帝国

    アリスソフト 2011-04-28
    売り上げランキング :

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools
    関連記事
    スポンサーサイト


    コメント

      コメントの投稿

      (コメント編集・削除に必要)
      (管理者にだけ表示を許可する)

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL
      http://wisteria824.blog137.fc2.com/tb.php/61-d1ae4791
      この記事へのトラックバック