fc2ブログ

    シンスメモリーズ レビュー

    2021年10月06日 15:26

    FA8ViF8WUAULHN5.jpg

    シンスメモリーズをクリアしたので感想を。軽いネタバレありです。
    IFで完結を迎えたメモオフシリーズですが、今作ではIFの9年後として再スタート。
    舞台は同じなので今までと同じくらいの繋がりですね。

    私としては思い入れのあるシリーズなので、こうして新作が発売されただけでもありがたいのですが、名作だったIFと比較しなくても今作はかなり残念な出来でした。

    FA7_3JFVgAMO8xi.jpg

    「それから」以降恒例の、ゲーム開始前に主人公に近しい人物が死んでしまっているパターンは今作も健在。
    また、5以外で恒例の事故当時の記憶が曖昧なパターンも継続です。

    今作の犠牲者は兄である鷹也で、完璧超人に対するコンプレックスを抱えた弟という主人公像はパルフェを髣髴とさせます。

    ただ、この作品の根幹を成している設定すらライター間で共有できていなかった点がかなり残念でした。

    死んだのは1年前とゲーム開始直後に言及されるにもかかわらず、陽詩ルートでは「鷹也の代わりを務めようとする人生で人格が形成された」みたいな話がヒロインの惹かれたポイントになっていたり(まだ1年しか経ってないよ?)、英ルートでは鷹也の祥月命日に一回しか参加していない(まだ1年しか経ってないよ?)発言があったりと、複数ライター制にしても酷すぎです。

    FA7_8FzVIAIc9eV.jpg

    シナリオ的にはちはや>英>優梨子>春玉>陽詩。

    構成的にちはやと英、優梨子と春玉はほぼ同じ内容という手抜きっぷり。
    ちはやと英に関しては立ち位置的に似たストーリーになるのはまだ理解できなくはないですが、優梨子と春玉は酷かったですね。

    春玉は酒杯探しというテーマがあったにもかかわらず、途中から優梨子のプロデュースルートに統合されて酒杯探しはついで扱い。
    キャラとしては悪くないのですが扱いがあまりにもひどすぎる・・・

    陽詩ルートは唯一独立した内容でyoutuberとストーカーの話。
    プロット自体はそこまで悪くないとは思いますが、上記の設定矛盾以外にもプレイしている間中感じる違和感が凄かったです。
    隼也呼びを宣言する前からそう呼んでいたり(でも場面によっては隼也さん)、バッドエンドで分岐後の正規ルートで集める情報をさも当然のように持っていたり(一応その情報を知った経緯は1行で語られますが、正規ルートを通っていないと?マークが浮かびます)と色々と酷かった。

    全体を通して恋愛要素も修羅場要素もサスペンス要素もほとんどなかったため、とにかく薄かったという印象でした。
    IFはサスペンスをバリバリやりながら、そこに恋愛要素もちゃんと絡めている構成だったのになぁ。

    FA7_zb6VcAEOxiD.jpg

    メモオフシリーズ恒例の稲穂信は無事今回も登場。
    過去作のBGMをレコードでかけながらその話をするというシリーズファン向けのサービスキャラになっています。

    流石に年齢が離れすぎたせいか、親友キャラの立ち位置はなくなり、ただのサブキャラになってしまったのは残念。
    あと、英ルートのあれは賛否分かれそうだなぁという気がしました(賛はないでしょうけど)

    FA7_vWHUYAgz7Zd.jpg

    総評
    ★★★★★★ (6.0/10.0)


    シリーズ存続は喜ばしいものの、出来としてはお世辞にも良かったとは言えないレベル。

    7,8とサスペンス調が強くなっていた傾向がリセットされましたが、ついでに恋愛要素や修羅場要素といったメモオフの特徴も薄くしてしまい、結果として何の余韻も残らない薄味なストーリーになってしまいました。

    シリーズで同じくストーリーの酷かった6よりはマシな印象ですが、あちらはクロエという非常に魅力的なキャラがいました。
    本作はそこまで刺さるキャラがおらず、一番魅力的なのがサブキャラの藍乃というのは非常に残念です。

    まぁ、1、6とシリーズのリスタートポイントの作品の出来は微妙だったので、シンメモシリーズも2以降の出来に期待しています。
    (そもそも出るのかという疑問もありますが・・・)

    余談ですが、公式サイトのストーリーにある「あんたが死ねばよかったのに」ってそんなセリフあったかなぁ?

     
    関連記事
    スポンサーサイト





    コメント

      コメントの投稿

      (コメント編集・削除に必要)
      (管理者にだけ表示を許可する)

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL
      http://wisteria824.blog137.fc2.com/tb.php/778-ceba4f09
      この記事へのトラックバック