メルルのアトリエ ~アーランドの錬金術士3~ レビュー

    2011年07月10日 00:00

    SN3J0323.jpg



    ━━アーランドシリーズ完結編
    メルルのアトリエはガストの主力であるアトリエシリーズの最新作。
    ロロナ、トトリに続くアーランドシリーズの完結編に当たる作品で、過去作から多数のキャラが登場している。

    過去の作品との絡みが強く、パーティキャラの6割以上が前作キャラになっているため、シリーズをプレイしていない人には少し辛いかもしれない。
    逆に成長したキャラを使え、前作キャラ同士のイベントも豊富にあるため、過去作のファンにはたまらない仕様となっている。





    SN3J0325.jpg



    ━━奥の深い錬金システム
    アトリエシリーズ一番のキモは何と言ってもアイテム調合だろう。
    若干の変化はあるものの、ロロナトトリで既に完成しているシステムなので安定感があり、シリーズをプレイしていれば難なく入っていける。
    この調合が楽しめるかどうかがこのシリーズの好き嫌いを分けると言っても過言ではない。

    一口にアイテムと言っても攻撃アイテムから回復アイテム、果ては自分の装備までその種類は多岐に渡る。
    その上、素材アイテムの品質や、ランダムに付加される特性の組み合わせを考えると同じアイテムでも作り方によって全く異なる性能を発揮する。
    今回は上手く特性を組み合わせることで、新たな上位特性が付加されるなど奥深さがアップしている。
    また、今回からコンテナの上限数が1999になっているため、思う存分採取ができる(自分はそれでも終盤足りなくなったが)

    一方で、2000個という膨大なアイテムから取捨選択をしなければならないのに、特性によるソートが無かったり、作成アイテムの特性が一定数しか見れなかったりと不便な点も見られる。

    しかし、品質や特性を吟味し、フローチャートを考えながら目標のアイテムを作る計画をたてるのは面白く、他のゲームでは中々味わえず、このシリーズならではと言えるだろう。





    SN3J0320.jpg




    ━━世界を救わない物語

    本作では複雑な権謀術数や悪人の暗躍などは一切無く、非常にのんびりとしたストーリーが展開される。
    ストーリーも国を大きくするという目標がある程度で、基本的にはキャラ同士の絡みを描いたイベントが起きるだけとなる。
    ただ、今回は「国を大きくするためのお使い」がメインのためトトリの時のような「冒険をしている感じ」が少ないのが残念。

    イベント数は非常に豊富で、街の中だけでなく、ダンジョン内や戦闘後など様々な場面でイベントが挿入される。
    また、グラフィックもアニメ調のCGで、あまり動きはないが十分及第点。

    だが、この豊富なイベントがゲームシステムと若干噛み合わないところがある。
    「さぁ、今から調合をしよう!!」と意気込んだところでイベントが挿入されたり、「次はこれをしよう!!」と計画を立てて買い物に行こうとしてイベントに引っかかったりと、プレイ自体のテンポをイベントの挿入が崩してしまっている感がある。

    もちろんイベントが豊富なのはいいことなのだが、ちょっと買い物に行くで2つも3つもイベントが挟まれるのは戴けない。
    また、イベントスキップができないため、周回前提のゲームとしてはかなりストレスになっている。

    同社のアルトネリコシリーズのように、プレイヤーが任意でイベントを起こせるようなシステムにしたほうがシステム的に噛み合っていると思うのだが、シリーズの恒例は変わらないんだろうなぁ。




    SN3J0315.jpg




    ━━総評
    ★★★★★★★★★ (9.0/10.0)

    シリーズ完結編にふさわしい出来で、相変わらず「やりたいこと」が連鎖してプレイを続けさせる中毒性がある。
    期限が決まっているため、調合を極める週や隠しボスを倒す週など周回ごとに目標が立てやすく、プレイの自由度が高いのもポイント。
    イベントスキップと特性ソートだけは不満だが、その他は概ね満足。完成度は非常に高い。
    過去作をプレイしていなければ辛いという欠点はあるものの、シリーズ経験者には文句無しにオススメできる。



    メルルのアトリエ ~アーランドの錬金術士3~(通常版)メルルのアトリエ ~アーランドの錬金術士3~(通常版)

    ガスト 2011-06-23
    売り上げランキング : 10

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools

    関連記事
    スポンサーサイト


    コメント

      コメントの投稿

      (コメント編集・削除に必要)
      (管理者にだけ表示を許可する)

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL
      http://wisteria824.blog137.fc2.com/tb.php/82-222ff02d
      この記事へのトラックバック